温かい雰囲気の家族だけの金婚式

結婚して夫婦になったら、その関係はあまり努力しなくても長くし久しく続いて行くものだと、子供の頃は当たり前のことのように思っていました。
しかし、結婚生活を何事もなく穏やかに続けて行くことはほぼゼロに近く、互いにぶつかり合ったり歩み寄りながら築いていくものであることを、私もよく分かるようになりました。

頭で考えるよりもずっと難しく、そして尊いことだと思うのです。
ですから、金婚式や銀婚式と呼ばれるような、長期間の結婚関係を祝うイベントを迎えられるという事は、本当に素晴らしい事であり感動的なことだと思うのです。
特に50年もの長い年月を、赤の他人同士が一緒に暮らし子供を産み育てて行くということは、なかなか簡単にできることではないと思います。
めでたく金婚式を迎えられた我が両親。
主人の両親なのですが、これはやはりちゃんと祝いの席を設けてあげたいと思いました。
みんなで色々相談して、場所を考えプレゼントを用意。
子供が大きな紙に似顔絵を描いて、準備は進んで行きました。
私が結婚した当初は、姑とよくぶつかり途中で電話を切られることもあったのですが、今では何でも言い合える仲。
私が嫁であることを知らない方は、本当の母娘だと勘違いしている人もいるくらいです。
おかしな話ですが、顔が似てきたようなのです。
家族だけで行った両親の金婚式は、温かくて楽しいものでした。
私も主人もとても嬉しく、自分で言うのも何ですがなかなか良い家族だなと思いました。
私たち夫婦は遅くに結婚したので、恐らく金婚式は難しいと思いますが、せめて銀婚式はできれば良いなと思っています。

»