懐かしい街を歩いて元気が出てきた

ひょんなことから思いがけず、心が元気になることもあるものです。
何とかしてこのウジウジした思考から脱出したいと願っても、その方法を上手く見つけることができないこともよくあります。

自分でも、この考え方は正しくないと分かっていても、それをストップできないこともあるのです。
反対に、ちょっとした会話の中で答えが見つかることもありますし、何気なく出かけた先で心が軽くなることもあるものです。
私も、一人でいる時間が多かったことが良くなかったのか、ちょっと気分がどんよりして元気が無くなってしまったことがありました。
このままではだめだと思って、気分転換をするべく色々なことをやってみたりしたのですが、結局は上手くいきませんでした。
しかし、用事があって訪れた所でエネルギーがチャージされたのが分かりました。
結婚する前に一人暮らししていた街で、知っている道を歩いていた時でした。
ずいぶん街並みも変っていて、忘れている道も多いのですが、それでも懐かしい街を幸せな気持ちで歩いていました。
もう10年以上も昔住んでいた場所だと言うのに、つい昨日歩いたような気がします。
おかしなもので、一年前も10年前も過去になってしまうと、今の時点から離れた距離は同じになるのです。
何だかよくわからないけど、とにかく嬉しくなって来て凄く元気になることができました。
そんなに緊張しなくてもそんなに怖がらなくても、大丈夫大丈夫。
昔だって、なんだかんだあってもちゃんと大丈夫だったのですから。
余計な心配症が少し消えて無くなったような気がしました。

«
»